蒼空 -空どこまでも蒼く-

http://anelananihoaloha.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/2622/2016/08/header20160801224346_945617496.jpg
ALOHA

今日から8月になりました。
梅雨も明けて、ジメジメ暑い日がつづきますな!
都知事も決まり、少しは世間も落ち着いたかな???

土曜日になりますが、観劇をしてまいりました!
『蒼空 -空どこまでも蒼く-』
場所は中目黒のキンケロシアターです。
偶然にもばったり座長(元ずうとるびの江藤くん)に会い、観劇をご一緒させて頂きました?

この時期というのもあるのかな?戦争のお話です。
経験もないし、メディアや教育でしたか携わることがない私にとって、やはり心に響く作品でした。

当時は性別によっても運命が違っただろうし、任務によっても、運によっても、全く違ったのだろう〜。実際には生き残れた方々もいるわけだからね。紙一重だったのだろう。

私は当時、特攻隊に選ばれ、お国の為に命を捧げ、愛する家族を残して旅立ち時の気持ちはどうだったのだろうかと思い、自分の家族がだったらどうだろう、自分の息子だったらどうだろうと考えた。

間接的にしか考えられず、重みもそんなにないけれど、きっと辛く、悲しく、怒りをどこにぶつけたらよいのかわからないまま、旅立った家族を誇りに思う事で気持ちを紛らわすしかないのではないかとの、、、。

印象的だったのは特攻隊に選ばれ、最後の別れに母と妹さんに会いに行くシーン。
本当に切なくて、悲しくて、涙、涙、涙でした。
今もそのシーンを思い出すと涙がでそうです。
お互い、来る時が来たと、そして最後になると思いつつも、僅かな希望を持っていたのだと思う。

今の私達が平和に暮らせるのはそんな歴史や敗北したからこそかもしれないな。
もし、アメリカに勝利していたら今の日本はないだろう。。。

間も無く終戦日を迎えるが今年は考え深い日になりそうです。
また、11日も観劇しに行きますが戦争のお話です。より一層、今の幸せを実感するでしょう。

日頃の忙しさと余裕ない日々を過ごし、大切な事を忘れてしまう。
健康で不自由のない暮らしに感謝しなきゃね。

MAHALO